ベーチェチョル  Jae-Chul, Bae

今朝出勤前にNHKでベーチェチョルさんの声帯手術に関する特集が放映されました。私は2つの点でその特集に衝撃を受けました。一つはこんな素晴らしいテノール歌手が居たということ、そしてもう一つは声帯手術がまるで楽器の調音のように行なう事が出来るということです。ベーチェエチョルさんは、インターネットの検索結果によれば、世界的にも貴重な「リリコ・スピント」の声質を持っている歌手だそうです。昨年彼は甲状腺癌の手術のために片方の声帯の神経を切断し、声を失ってしまいました。その声を回復させる手術が日本で行なわれたのです。手術は局部麻酔で、患者が声を出しながら、声の調整をしていくという方法です。本人が納得する声の状態を確認し、手術は終了しました。1ヶ月間の絶対安静の後、彼の声は戻ってくるのでしょうか?是非その後のベーチェチョルさんを追いかけてみたいと思います。ベーチェチョルさんを応援するサイトはこちらです。また韓国語のサイトですが、彼の声を聞くことが出来るのはこちらです。このページの写真はベーチェチョルさんではありません。念のため。

This morning I watched special topic in TV, it was about vocal band surgery of famous Korean tenor who lost his voice with surgery of cancer. He is Mr. Bae. I surprised with two things. One is his amazing voice and the other is operative procedure of voice band. It is like a lateral articulation. The surgery is performed under local anesthesia. During the surgery he produces a sound and makes an adjustment the voice which he wants. After one month rest he restarts his musical activities. I hope he can sing again.
[PR]
by azu_mitocha | 2006-05-08 20:01 | 音楽 Music
<< 牡丹か芍薬か? Tree pe... ロダンとカリエール展 Exih... >>